作品発表

最優秀賞作品 「ぶちかませ青春」伊達緑丘高校

【講評】
坪川拓史監督(室蘭在住映画監督。最新作・モルエラニの霧の中)
コロナの影響で困難な状況の中、アイデアを出し合って様々な方へ届けていること、素晴らしいと思いました。
しいて言うならば、BGMだけは変えたほうが良いかも。
個人的には、「ZOOM読み聞かせ」、良かったです。
加わりたい。

優秀賞作品 「めぐみの芽成長日記」室蘭清水丘高校

私たちが3年間、勉強や部活動とともに、両立させてきた国際支援に関わるボランティア活動の経験を動画にさせて頂きました。『国際支援』を通して、自分と同年代のカンボジアの子供たちのために、また村人のために、高校生である私たちが、北海道から、室蘭からできることを積極的に行ってきました。その活動の軌跡を見て頂きたいです。高校生に国際支援なんてできるのか、とお考えの方もいるかと思いますが、『微力だけど、無力じゃない』ということをお伝えできる動画になっていたらいいなと思います。高校生の私たちであるからこそ、行える支援や活動があると信じています。楽しんで見てもらえると嬉しいです。

【講評】
坪川拓史監督(室蘭在住映画監督。最新作・モルエラニの霧の中)
「微力だけど無力じゃない」と言うキャチコピー、素敵だと思います。
はちどりプロジェクトさんの活動は、陰ながら、ずっと応援していました。
「微力だけど無力じゃない」と言う言葉は、どんな時にも当てはまることだと思います。
微力も積もれば強力になりますので、高校を卒業しても、
どうぞ、その想いを続けていってくださいね。